HUGEHOLE

#Metal - Included 個人の感想 , but no 評論

UNITED - Absurdity

f:id:deadon:20180717151024j:plain

Japanese Metal Band、UNITEDの10thフルアルバム。

UNITEDは1989〜1990年頃、目黒鹿鳴館とかで観てました。

(というか暴れてました)

ちょうど1stを出す前後ぐらいの時期。

当時何回もライブに足を運んだし、

1stのBLOODY BUT UNBOWEDとBEAST DOMINATES '92は今も愛聴盤。

 

その後メジャーデビューしてN.O.I.Q.までは好きだったんだけど、ヴォーカリストが脱退してしまって、その後任が吠えまくるタイプだったと、それに合わせるかのようにそれまでより、更にエクストリームな方向へ向かっていってたのがイマイチ聴いててしっくりこなかった。

 

で、そういったUNITED観を持つ俺からみた新作の感想ですが

一言で言って原点回帰。

とにかく、楽曲の作りがしっかりヘヴィメタルしてます。

もちろんサウンドは現代的なスラッシュなんですけど、スラッシュメタルって

ヘヴィメタルの発展形なので、これがまさに王道スタイルだと思います。

 

「よりアグレッシブによりエクストリームに」、といった

それまでとは違うものを追い求めてどんどん吸収・変革して行くスタイルから

長い年月をかけた、様々な不条理や哀しみを乗り越えた上での原点回帰。

 

7曲目に収録されている「MAY」には

Head Phones PresidentのANZAがゲスト参加。

ギターのアルペジオをベースにした多重録音の上で女性ヴォーカルが朗々と歌う、

UNITEDとしては異色作。2:52で終わらせず、大作に育ててもよかったのでは無いでしょうか、って勝手に思ってしまう美しい出来栄え。

 

そして9曲目の「Empty Eyes」。ヴォーカルの湯浅氏が「歌っている」、、、

 

増田氏のライナーを読めばその表現がなされた経緯、、、動機であろう部分がわかりますのでぜひCDを買って読んで欲しいのですが、個人的にUNITEDのヴォーカリストに一番欲していたのが「歌うパートを入れて欲しい」というものだったので、我が意を得たり!でした。もっともっとこういうパート増やしてほしい。

 

湯浅氏はOUTRAGEの橋本氏にも劣らないヴォーカリストになれるんじゃないかと、どこから目線なのかわかりませんが思ってしまいました。

 

ABSURDITY

ABSURDITY

 

 

保存保存

保存保存