HuGeHoLe

メタル系・放談・BLOG

METAL CHURCH - Damned If You Do

U.S. Power Metalの大御所、メタルチャーチの新譜。

黄金期のヴォーカリスト、MIKE HOWE復帰後2作目。

ダムド・イフ・ユー・ドゥ【デラックス盤】

1. Damned If You Do 04:35
2. The Black Things 05:16
3. By the Numbers 04:35
4. Revolution Underway 05:25
5. Guillotine 04:47
6. Rot Away 03:26
7. Into the Fold 04:20
8. Monkey Finger 04:15
9. Out of Balance 04:25
10. The War Electric 04:09
トータル 45:13

通常盤は上記の新曲10曲収録。

国内盤のデラックス仕様は2枚組で、2017年に発表した

Classic Live

Classic Live

1. Beyond the Black 06:55
2. Date with Poverty 05:40
3. Gods of a Second Chance 05:49
4. In Mourning 06:16
5. Watch the Children Pray 05:53
6. Start the Fire 03:58
7. No Friend of Mine 04:41
8. Badlands 07:47
9. The Human Factor 05:40
10. Fake Healer  2017 (STUDIO ReRecording) 05:56

に、2015年にリレコーディングして発表された

Badlands (STUDIO ReRecording) 07:22

を加えたボーナスディスクが付属してます。

 

さて今回の新作。マイクハウの歌唱も含め、楽曲のクオリティが素晴らしい。

パワフルにリフで押していく場面、メロディアスに歌を聴かせる場面。

様々な手法できっちりメタルチャーチ流ヘヴィメタルを聴かせています。

 

リフで押していく曲もあればメロディとヴォーカルライン主体で聴かせる楽曲もあり。

でも、あくまでも生々しいヘヴィメタルであってオーバープロデュースされた近年のバンドのようなあざとさは皆無。

 

パワーメタルと一口に言っても現在かなり幅広い音楽性を内包していますが、

個人的には一番、始祖のパワーメタルの定義そのものを体現しているバンドだと思います。EU系のバンドとまたひと味違う、あまり他に類似バンドがいないのも彼らの強みかなと。

 

アメリカ出身のパワーメタルバンドは他にVICIOUS RUMORS、RIOT Vなどが思い浮かびますが、皆独自のメタル観を体現してますよね。

 

89年〜91年頃にBlessing in DisguiseやThe Human Factorを聴きまくってたけど最近ご無沙汰!ってファンはぜひチェックしてほしいですな。その過去の名作を凌駕するような出来栄えですから。

Youtube

Spotify