メタルメデルブログ

メタル好きな腰痛オッさんのテキトーブログ。

FLOTSAM AND JETSAM - The End of Chaos

ジ・エンド・オブ・ケイオス

U.S. Power / Thrash Metal band、

FLOTSAM AND JETSAMの2019/1発表の14th Full-Length album。

1986年のデビュー以来、メンバーチェンジを重ねつつも絶え間なく活動を続けて、2000年代後半に至ってはプログレッシブメタル的なアプローチが主体となっていたFlotsですが、2014年の「No Place for Disgrace2014」のリレコーディングや、ライブツアーを経たことで初期のアグレッシブなテイストを取り戻したようで、

2016年発表の「Flotsam and Jetsam」では格段にパワーアップしたFlotsならではのパワー&スラッシュメタルを展開。

 

そして今作でもその路線を順当にアップデート。期待を裏切らない出来栄え。

スラッシュメタル界隈では最高のボーカリストの一人である

Erik A.K.の歌唱を損なうことなくアグレッシブさとメロディアスさを両立させた

非常に巧みな曲作りと現代的なサウンドプロダクションでまさに非の打ち所がないです。

 

しっかり歌えるヴォーカリストのいる、パワーメタルやスラッシュメタルが好きな人。

SANCTUARY/NEVERMOREや、OVERKILL、DEATH ANGEL、TESTAMENTなどのファンにオススメです。

 

ジ・エンド・オブ・ケイオス

ジ・エンド・オブ・ケイオス

 

 こちらは2016年発表の前作。こちらもかなり力作なので併せておすすめ。

Flotsam and Jetsam

Flotsam and Jetsam