HuGeHoLe

ヘヴィメタル系のCDなどの感想を書いています!

BEAST IN BLACK - From Hell With Love

フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

フィンランドメロディックパワーメタルBEAST IN BLACKの2nd album。

音楽性は前作から変わる事なく、正統的にアップデートされている印象。

今回ドラマーがメンバーチェンジしましたが、他のメンバーは前作から引き続き参加しており、3年間ツアーなどを共にした事によりバンドとしての纏まりもアップしたようです。

ヴォーカリストのYannis Papadopoulosに至っては他にやっていたバンドを切ってBIBに専念する形になっており、WardrumやCrosswindも良いバンドだっただけに残念さはありますが、その分BEAST IN BLACKでしっかりビッグネームになっていく事だろうと思います。そう思わせるだけの素晴らしい出来栄え。

 

前作でも非常にわかりやすいキャッチーさが80年代の音楽を彷彿とさせていましたが、今作ではそのメロディの魅力度が更にアップ。一度聞けばすぐに印象に残ります。

ただ、このバンドの良いところはそう言った"キャッチーさ"を持ちつつ、正統派ヘヴィメタルの持っている"剛"な部分も併せ持っているところで、そのバランス感覚は中心人物であるアントンカヴァネンがBATTLE BEAST時代からずっと目指してきたところであり、一朝一夕で形にできないものだと思います。

 

まさに、BATTLE BEASTの1st〜3rdの正統的続編。

 

全11曲、全てが3〜4分代のコンパクトにまとまった楽曲であっという間に終わる印象です。良いアルバムって「長さを感じさせない」「もっと、繰り返し聴きたくなる」物なので、そういう意味でも名盤の資格十分だと思います。

 

そして更に2曲のボーナストラック。

モーターヘッドのKilled By Death、

ロッキー4のサントラからロバートテッパーのNo Easy Way Out。

モーターヘッドの方はかなりBIB流にカヴァーしていて面白みがありますが、

ロバートテッパーの方は、「BIBの源流ってここなの?」って思わせるほど

BIBの出している音にぴったりハマってます。

 

古巣BATTLE BEASTの新譜も2019/3に出るので、聴き比べるのも一興ですな。

 

フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

  • アーティスト: ビースト・イン・ブラック,アントン・カバネン,ヤニス・パパドプロス,カスペリ・ヘイッキネン,マテ・モルナール,アッテ・パロカンガス
  • 出版社/メーカー: ワードレコーズ
  • 発売日: 2019/02/08
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
From Hell With Love

From Hell With Love