巨大洞穴

主にメタル系音楽に関するブログです。

DEATH ANGEL - Humanicide

ヒューマニサイド【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

ベイエリアスラッシュメタル黎明期から活動するDEATH ANGELの2019最新作。

今作で通算9作目。活動歴が長い割にはそんなにアルバム数出してないんですよね。

現在第二の黄金期、、、というかもう充実度で言えば今が全活動期通じて最高潮な気がします。

 

そんな充実しているバンド活動の中生み出される新たな傑作。

 

初期のデスエンジェルは彼らが若い感受性で吸収する雑多な音楽をごった煮にしてぶち込んだ若さの結晶だったわけですが、その結果ファンクロック的方向性に進んで「The Organization」という寄り道に至り、その結果一度はバンドとしての活動に終止符を打ちましたが2004年の復活作「The Art of Dying」以降一貫してデスエンジェル流ベイエリアスラッシュメタルを貫き通しています。

 

特に近作の充実ぶりは目を見張るものがあります。

2010年のRelentless Retribution以降タッグを組んでいるプロデューサーのJason Suecofとの相性は非常に良く、これぞ最高のプロダクション!と思えるアルバムを連発。

 

本作でもその良いコンビネーションは発揮されてます。

バンドとしてはスラッシュメタルムーブメントの中核に挙げられるわけですが、現在の彼らは所謂Thrash Metalという範疇には収まりきらず、広義のヘヴィメタルといってよい音楽性になっています。

アグレッシブなスピードナンバーもあればミドルテンポでアンサンブルの巧みさもアピール。さらにヴォーカルの表現力も歳を重ねるごとに増していると思います。

 

アルバム通して緩急を表現し中だるみせず一気に聴ける。

 

デスエンジェルと言うバンドにファンが期待する音楽を満額回答。

ヘヴィメタル〜パワーメタル〜スラッシュメタルなどを「総合的に好きな人」であればきっと気に入るものだと確信します。

[I Came For Blood] 

ヒューマニサイド【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

ヒューマニサイド【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

  • アーティスト: デス・エンジェル,マーク・オセグエダ,ロブ・キャヴェスタニィ,テッド・アギュラー,ウィル・キャロル,デミアン・シッソン
  • 出版社/メーカー: ワードレコーズ
  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 
Humanicide

Humanicide

 
Humanicide

Humanicide

 
Humanicide

Humanicide